クラブの行き方

昼間やっているクラブイベントに参加する方法

投稿日:2016年9月26日 更新日:

クラブイベントの多くは夜22時や23時に始まることが多いのですが、あなたが

  • 20歳未満である
  • 体力や生活リズム的に徹夜は厳しい

のいずれかに該当するなら、夜間のイベントに参加するのは難しいはずです。

また、

  • 初めてでクラブに行ってみたいが帰りたくなった時に電車が走っていないのは辛い

とお考えの方もいらっしゃるはずです。

筆者もできれば昼間に行ってみたいなぁーと最初は思っていました。

そこでご紹介するのが、昼間開催されているクラブイベントに参加する方法。イベント数は少ないですが、ゼロではありません。

昼間開催されているイベントなんてあるの?

あります。

例えば、渋谷のクラブ「WOMB」では、月に1度「EDM SUNDAY」というパーティーを開催しています。開始時間が16時、終了時間が22時ですから、ちょうど20時ごろに一番盛り上がりのピークを迎えるイベントです。

22時に終了しても電車は走っていますから、当日中に帰宅できるのが良いですよね。

ほぼ毎日何かをやってる渋谷のクラブ「WOMB」への行き方

また、WOMBの近くにある「HARLEM」でもしばしば日中のイベントを開催しています。

こちらは一度行ったことがあるのですが、10代の子がめっちゃ多かったです。

渋谷のクラブ「Harlem」への行き方。ATOMの近く!

昼間開催されているイベントのメリット

  • 20歳未満でも参加できる
  • 徹夜しないので体にやさしい

20歳未満でも参加できる

22時や23時に開催されるイベントには10代は参加できません。入り口のIDチェックで追い返されてしまいます。

徹夜しないので体にやさしい

これは意外と重要で、例えば会社員が週末土曜日のイベントに参加すると、日曜日は生活のリズムが崩れてしまうはずです。例えば朝帰りしたあとに仮眠を取ったら日が暮れていたみたいな。

まぁ筆者の話なんですが。

その調子で月曜日を迎えると、夜寝れなかったり、週末の疲れがそのまま出たりして、仕事に影響します。

学生時代に徹夜で遊んだ経験が無ければなおさらです。

昼間開催されているイベントのデメリット

一方、昼間開催のイベントには以下のようなデメリットもあります。

  • 参加する年齢層が下がる
  • 大物アーティストのイベントは開催されにくい

参加する年齢層が下がる

どういった年齢層が参加するかによってイベントの盛り上がり方は変わってきます。例えば、あなたが30代でメインの参加者が10代ならば、場違い感を感じてしまうかもしれません。

大物アーティストのイベントは開催されにくい

そもそも昼間開催のイベントが少ないせいでもあるのですが、どうしても超有名アーティストのイベントは夜間のイベントが多いです。

昼間のイベントに行ったなら夜間も参加してみて

とにかくダメなら帰りやすいのが昼間のイベントの特徴です。もし参加してみて、クラブイベントに親和性があるなら、是非夜の部にも参加してみてください。

夜間ならではの非日常感は癖になりそうですから。

-クラブの行き方
-, , ,

Copyright© DJミニウォーカー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.