クラブの行き方

コミュ障がクラブイベントに参加する方法

投稿日:

クラブに行こうと思った際、あなたが「コミュ障」だからイベントに参加は難しいと考えていませんか?

たしかにコミュ障では無いほうがクラブは楽しめるはずですが、別にコミュ障であることを気にする必要はありません。

クラブは一人でも楽しめるからです。

全ての参加者がナンパ目的とは限らない

特に音楽を重視する音楽箱の参加者は、その全てがナンパ目的とは限りません。純粋に音楽を聴きたい、楽しみたいという参加者も多いです。

故に、あなたがコミュ障だと自覚しているなら誰とも話さなければ良いです。あなたが話さなくても誰も困らないですし、あなたもそれが気が楽なはずです。

筆者も基本的に自分からは誰にも話しかけません。

ただ、ナンパ目的でなくとも、クラブには人と話したい人もいるのは事実です。もし彼ら・彼女らが寄ってくることがあれば、話を合わせておけば何とかなります。

カウンターで飲み物を注文したい時に注意

さて、あなたがコミュ障の場合に注意すべき点が1つだけあります。

クラブはバックグラウンドで大音量の音楽が流れていますので、声が通りにくいです。特に男性の低い声はバックのベースやドラムの音でかき消されてしまうことも多いです。

何が言いたいかと言うと、飲み物を注文するときに声が通らないので、聞き返されたり注文を間違えられたりする場合がある、ということです。

こればかりは

  • フロアから外れたカウンターで飲み物を注文するか
  • 自販機で売っているハイネケン等を飲むか
  • そもそも何も注文しない

の3択を選ぶことになります。

個人的にはフロアから外れたカウンターで飲み物を注文することが多いのですが、金欠の場合もそもそも何も注文しないことも多いです。

ナンパ箱に行きたいなら

余談ですが、あなたが男性でナンパ目的のクラブへ行きたいならば、「コミュ障と言ってる暇があったらナンパしろ」と述べておきます。

上手い男性はさりげなく声をかけてきますし、外国人なんかは堂々と真正面からやってきますよ笑

-クラブの行き方
-, ,

Copyright© DJミニウォーカー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.